『受け取れた母の愛~そして母になる~』

(F・Nさん 40代女性 神奈川県在住)

“なぜ母はいつも不機嫌なんだろう?”と母の気持ちになって考えて見ると、頑張っているのに誰も認めてくれない!でもその気持ちこそが自分と同じだった。
ミロスを知らなかったら親を嫌い、自分の境遇を憎み自己否定していたはず。
愛されていないという思い込みが外れると周りから愛いっぱいの言葉を聞くこともでき、“愛溢れる妊娠と結婚”になりました。
これから母となり家庭という小さな宇宙を築いていきます!と言う彼女の新しいスタートです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『受け取れた母の愛~そして母になる~』

初めての電話でのミラクル☆カウンセリングでは父の話を中心として見てみました。
Lifeコースを受講中の私は、“わかってくれる・理解してくれる”ことを良しとしていたので、人との関係性において、“わかってくれない、理解してくれない”と言う現実によって、ずっと苦しんでいたんだ!そしてそれがまさしく父との関係性だったと言うことも分かったのです。

そして2回目のカウンセリングでは、今度は母のことを見ていきました。
私の中での母のイメージは、
○いつも家族のために忙しそうにしている。
○いつも急いでいて、感情が見えないし、わかってくれない(実際、母から、あなたのことはわからないと何度か言われています)・・・。
ですが、母と私はよく似ていると感じていました。そしてそれらはすべて私の姿そのものでした。
母のことは、思考回路が全く違い、理解できないと思っていましたが、母も私のことを同じように理解できないと思っているとのことでした。(なるほど!)

また、母は忙しくさせることで逃げている(まさに私でした)。
家族のことをやっているように見えて子供への配慮がたりないし、私のことが理解できない!というより理解しようとしていなかったなどが次々とはっきりしていきました。
さらに、私の世界の中で母は“支配者だったし、私は母が嫌いだった”。
私は母という他者基準の中で生きてきて、まったく自分がなかった!ということがわかり・・・

他にも、“私は自信がなかった、自信がないことで逃げていた、自分を愛していなかった”などが次々とはっきりしていきました。

とにかく今回はっきりさせていただいた“マイナス”を受け入れるしかないと決めました。

その日の夜にふと・・・
“なぜ母はいつも不機嫌で楽しくなさそうだったんだろう?”と思い・・・
“頑張って良い母、よい主婦をしているのに、なんで誰もわかってくれないんだろう?”という母の気持ちが分かりました。
すると、これこそが
“父と母にはわかってもらえない”と思っていた自分と重なったのです。

そのことを、お世話になっているミロス仲間の方にシェアすると、
“二人ともお互い頑張っても認めてもらえないことで苦しんでいたんだね”と言ってくださり、そしてその方の、お子さんに対しての思いと、お母様に対しての思いも同じであると伝えてくださいました。

そしてその日の夜は用事があったため
“そうだったんだ~同じだったんだ~”と思いながらそのまま出掛けて、次の日に帰ると母が夕食の準備をしていました。
前日に、お金の使い方について怒られたところだったので、気まずいなあ・・と思い話しかけてみるとなぜかウェルカムモードで、一緒に楽しく夕食を作りました。

その日から、母が変わっていました。
楽しそうになり、私に対しても、気遣って色々と声を掛けてきます。

先日も、自分の希望を母に伝えた後に(これまではそのようにストレートに気持ちを伝えることもできませんでした)、いつもならここで不機嫌な顔をされると思い身構えていましたが、
“あっそう~。いいんじゃない~”という感じで驚きました。
その後も母を観察していますが(笑)、元に戻っていません。

私が何か言って、“不機嫌な顔をされるかも?無表情になるかも?そっけない感じで言われるかも?”と思ったときも変わらず楽しそうで軽い感じの返事がかえってきます。
とにかくこれまで母が怖かったのですが、その母への抵抗感が消えたので、私が母見ていた抵抗感も消えました。
母を見ていて、私の中の女性性が癒されて緩んだのを感じました。

父の様子も、最近雰囲気が変わっていて雰囲気が軽やかになりました。
とても話しかけやすくなったので、最近は冗談も交えながら色々と話すようにもなりました。

カウンセリングの数日後、実家の大阪から戻ってきた母に、祖母の誕生日を伯母と伯父と祝ったという話を聞きました。
伯父と祖母・伯母・母との折り合いがずっと悪かったのでとても驚いたしとても嬉しかったです。

その出来事に、“私の男性性が癒されて戻ってきた。女性性も癒されて、戻ってきた男性性を受け入れたんだ”と感じ、そのまま味わったら、衝撃と温かな気持ち・よろこびが込み上げてきました。

少し話しは変わりますが、昨年、小さい時に育った町を訪れた時に、それまで感じることのできなかった両親の愛と、育ててくれた感謝が、自然と湧いてきて感じられて仕方がなかった、自分の認識できる世界が広がった、自分の世界が色を取り戻した!と感じたことがあったのですが・・・

その、後日談になります。
年始に病院に行ったところ、妊娠している事がわかりました。
むしろ、平均の年齢より早いけれど、生理が終わってしまったのではないか?と思っていたくらいだったし、まだ結婚もしていないし、まったく予想もしていなかったので、本当に驚きました!

きっとこれは、あの感謝の出来事があったからに違いない。
あの日に素晴らしい豊かな時間を過ごし、今まで感じられなかった感覚を感じ、愛されていないという愚かな思い込みが外れたから?・・・
それとも、ミロスに出会っているから?・・・とは思いましたが、なぜそうなったか?考えて見ました。

両親の気持ちを知ったり、子供についての思い込みが外れたりなどイロイロな出来事が続いていました。

例えば…
私の欲しいものをすべて持っているように思えるコンプレックスだった妹のことですが・・・
妹は結婚して子供もいて、小学生の頃からなりたかった公務員と言う仕事に就き、実家のそばに一軒家を買い、旦那さんは有名企業で最近車も買い、子育てにおいては母を利用しているように思っていた。
その妹に第一子が生まれたときに “子供が生まれたからと言って、私は子供の為に仕事をやめない!”
という言葉を母から聞いて、妹の覚悟を感じました。
妹がそんな思いだったとは知りませんでした。

自分の体を犠牲にして、人の役に立ちたい気持ちを妹に利用され、日々孫2人の世話をしているように見えた母は、ちゃんとお金をもらって“仕事”としてやっていることもわかったり、私はいつも姪っ子の前で好かれようと思って行動していたことに気づいたり、これまで子供が好きだと思ったり言ったりしていたけれど、それは子供が好きと言った方が周りの印象がよいだろうという表向きで、本当は特別に好きというわけじゃなかったのでは?と感じたりもしました。

彼に妊娠を伝えると、とても驚いていましたが、すんなり結婚することが決まりました。
その後少し経った日に“今年になって、さらに君のことを好きになっている”と言われました。
私が私のことを、そんなにも好きになれたということでもあるんだなと思い、とても嬉しかったです。

そんな中、セミナーで今回の体験談をお話する機会をいただきました。

話をさせていただいた後に、ミロスがないと“できちゃった婚”なのにシステムが入ると
“完全な愛溢れる妊娠と結婚”であることを言って頂き、体験して初めて受け取っていたことがわかりました。

失っていた自分の半分を取り戻すことができる、生きながら新たな自分に生まれ直すことができる。
人間の思考では感じることのできなかった愛を体感することができる・・・ミロスって本当に豊かですごい!

ミロスを知る前の自分は、親を嫌い幼いときに双子の弟妹が生まれ、“愛・注目”すべてを取られたと思っていたという自分の境遇を憎み、なにも出来ない意地悪で暗い自分を憎み否定していました。
片側しか感じていませんでした。
でも本当は愛があったし愛されていた。
両親に沢山の愛を与えてもらっていました。
ただ私の思考が見えないようにし、受け取り拒否をしていただけでした。
愛を取り戻す体験をするために今の両親を選んで生まれてきた・・・。

今度は私とパートナーで、親となり親の気持ちを知り、家庭という小さな宇宙を築いて行きます。
“結婚・出産・育児”と私にとっては未知の世界ですが、ミロスに出逢っているので安心感がありますし、これからもミロスに触れていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎関連カリキュラム 
>> Lifeコース >> ミラクル☆カウンセリング