『プラス思考からの脱出!~体験したから分かるんです~』

(K・Mさん 40代女性 沖縄県在住)

子どもが家出して3日・・・自分の理性がなくなりプラス思考も使えない状態になった!
しかしマイナスを感じきると決めた彼女。
失う恐怖で恐ろしいほどの妄想が繰り広げられ、何も出来ずただ涙が溢れ出る。
今まではネガティブさを嫌って傾いたプラス思考が作り出したマイナスの世界だった。
思考の理解から体験へと変わった今だから“システムしかない!”何が見えても大丈夫!とハッキリと言い切れる、彼女のまわりには喜びが連鎖しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『プラス思考からの脱出!~体験したから分かるんです~』

今年の2月にミロスの講演会に参加したときです。

その中で『大丈夫だから安心して落ちて!這い上がってこないでよ!』と言った言葉がとても心地良く、絶対安心の保証付きで背中を押していただいたような感覚で、
『はい!落ちますっ!!』と威勢良く心の中で思い切り手を挙げました!

落ちます!と言った瞬間まで、自分が極に傾くことが怖くて怖くて、バンジージャンプの直前で立ち往生している“ハザマ組”だったことも、全く自覚がありませんでした。

怖くて極へ必死に傾かないようにしていた自分が見えたら、同時に安心して飛べる覚悟が出来たような感じでした。

そして、その会が終わり自宅へ戻った直後、まさかの体験が始まったのです・・・
自宅に着いてすぐ、家で待っていた当時中学1年の息子が、いきなり私に文句を言ってつっかかってきました。
あまりに急な展開で、息子が何を怒っているのかわからず、話を聞いていましたが、突然文句を言われたことで段々私も逆上して、2人で言い合いになりました。

さっきまで講演会を聞いて、いい気分で帰ってきたのに、一瞬で頭からシステムが吹っ飛んでしまい、どっぷり3次元の“ド壺”にはまって言い争いになり
つい『そんな文句ばっかり言うなら出ていきなさい!!』と言ってしまい、
息子は『わかったよ!こんな家出てくよ!』と家を飛び出してしまいました。
なんで、聞いてきた直後にこんなことになるんだろう!?と何も受け取れてない自分が情けなくて涙が止まりませんでした。

落ち着いたらすぐに帰って来るだろう・・・
そう思い込んで、様子をみることにしましたが、その日は朝まで待っていましたが息子は帰ってきませんでした。

そして、次の日も・・・
24時間がとても長く、そして一瞬のような、いつもの時間の流れとは全く違う時間が過ぎて行きました。

最初の2日間は、まだ理性が働いて、落ち着こうとしてみたり、考えないように安心の振りをしてみたり、大丈夫だと自分に言い聞かせてみたり・・・。

ところが、息子が帰ってこなくなって3日目を迎えた日、とうとう私の理性がぶっ飛び、一切のプラス思考が使えなくなり、一気にマイナスの感情が吹き荒れ、とめどなくネガティブな思考ばかりが溢れるようになりました。

それでも、マイナスへ落ちていく感覚に触れた瞬間、落ちる恐怖が一気に出て、慌てて無理矢理でもプラス思考で這い上がろうとします。

その時、講演会で聞いた『這い上がろうとするなよ』という言葉がよぎり、洗濯機の中に入り込んでグルングルンに振り回されていながらも、どこか離れたところから観ている自分がいて
『これかー!こうやって極に触れさせないようにプラス思考でまた蓋をするんだ!よし!もう一切這い上がろうとしない!! 今回はマイナスを味わい尽くすぞ!!』
と這い上がるのをやめて、マイナスを味わい尽くすと決めました!

その時の私のネガティブなことと言ったら、自分でもこんなにもネガティブだったのかと驚く程のネガティブさで、心配と恐怖で恐ろしい妄想が次から次へと繰り出されました。

もうシステムにあてはめるなんてことも出来ない・・・
思考も一切使えない、何もできない、涙だけがとめどなく溢れて、失う恐怖でいっぱいになりました。
自分がまさかこんなにも、いやここまでネガティブだったことを初めて知り、失う恐怖がこんなにもあったことも初めて知りました。

自分が自分だと思ってきていた私は、完全にこのネガティブさを抑圧して同じエネルギーで傾いたただの“プラス思考”だったことを初めて体験してしまいました。

こういうことかーー!!!

頭で知っていても、体験しないとわからない。
本当に人間は見えていないだけで、システム通りにしか出来ていない!!!
私が私だと思っていた私は、完全に私ではなく自分のネガティブさを嫌って、傾いたプラス思考のエゴ・・・

そして、そのプラス思考が作り出したマイナスの世界でしかなかった!
その後、警察から捜索願いを出して下さいと言われ、警察に行き事情聴取をして、全てやれることはやって、完全に力尽きた時、警察署から出てきて車に乗った瞬間に、息子の中学校の先生から『見つかりましたよ!』という電話をいただきました。

夜、息子が先生に連れられて家に帰って来た時、申し訳なさそうに『ごめん』と言う息子に
『生きていてくれただけでよかった!』と抱き合いながら2人で号泣しました。

この体験を通して、今まで聞いてきたシステムの話が思考での理解から、そうなっていると知る!体験へと変わりました。
体験してしまったから、はっきりとシステムしかない!と言い切れる。
この体験のおかげで、目の前の私にも何が観えても大丈夫!落ちても大丈夫だよ!と心の底から揺るぎなくお伝えすることができます。

そして、目の前の方達にシステムをお伝えすると、面白いぐらいに受け取っていって、どんどんどんどん変容していく姿を見せてくれて、喜びが連鎖していく世界を観させていただいています。
講演会などで聞く言葉が、いつも私を体験へと導いてくれて、絶対安心の中で体験させてもらえています。

ミロスがめちゃくちゃ伝わってしまう時代が来ました!!!
みんながシステムに感じてしまう!
だって、私達のことだから!

以前、聞いた言葉に何故かとても痺れて感動したことがあり、その時は、『へぇ〜そうなんだ〜』と意味もわからずにいましたが、それ以来ずっとその言葉が私の中にずっとありました。

言葉の細かい表現はうろ覚えで違うと思いますが・・・

『私たちが目の前を通して自分を知り、自分を受け取っていった暁には、自分でしか救えないご縁の方達が、自分の世界に蘇ってくる』というような内容でした。
今、正にこのことか!という体験をさせていただいてます。

人間が初めて自分を許し、自分を救って、絶対安心の世界に一瞬で戻れる!
この喜びの連鎖で、宇宙再創造していっている!
なんて、楽しいんでしょう!

ミロスに、出逢えて良かった!