『私は私を幸せにします!~自分自身への宣言~』

(Tさん 40代女性 長崎県在住)

知り合った頃は、「リードしてくれない、話しが弾まない、何よりタイプじゃない!」けれど優しさに惹かれていた。
「彼をみるとなんだか、涙が・・・」と訳が分からなかった。
けれど、「このままでは嫌だ、自分を幸せにする!」とハッキリ宣言した瞬間、久しぶりに出合ったその日に結婚話しがドンドン進んでいきました。
幸せへのプロセスが一気に始っていったのです。彼女は今、真実の結婚のストーリーを歩んでいます。
そして・・・2017年10月5日 彼女は入籍しました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『私は私を幸せにします!~自分自身への宣言~』

私が「ミロス」を知ったのは、亡き母がきっかけでした。
母が生きていた時に、ミロスセミナーへ参加して「これしかない!」と言っていたのですが、 母が過労から突然亡くなり・・・ 母からはあまりミロスの話は聞いてはいませんが、「すごい人に会って来た」と言っていたことは、確かです。
まるで母の遺言のようでした・・・

私は仕事も忙して中々いけないこともありましたが、自分の出来る限りの範囲でコツコツとカリキュラムを受講していきました。

私は現在、看護師として働いています。
縁があって、谷口真弥講師の恋愛・結婚のミロスセミナーに参加していましたが、セミナー後のシェア会では、恋愛・結婚の話しではなく、もっぱら上司や職場での状況の不平、不満を話していたようでした・・・

元々看護師の仕事そのものが好きというより、親から決められた道でした。
そもそも私自身が父との関係性が悪くて、何をするのも反対や否定をされて、自分が好きなことは何もできないと思っていました。

「なんでも否定する父!」

そんな私が谷口講師のミロスセミナーに、また参加した時のことです。
「このままでは嫌だ、私は私を幸せにする!」と自分に宣言しました。
ハッキリと決意した瞬間でした。未来を自分で創ったことで、幸せへのプロセスが一気に始まっていきました。

実はその時、私には数ヶ月前からお付き合いをしている彼がいました。
その彼との出会いは、ミロスに触れていく中で、父=男性性が少しずつ癒されていくのを感じ、自分の年齢のこともあって、仕事ばかりでは嫌だ、「結婚したいな〜」という素直な思いが出てきた頃、その思いを友人に送り、記憶がないのですが姉にもメールを送ったみたいです。

実は、そのメールを見た姉が、今の彼を紹介してくれたのです。
お付き合いが始まったものの・・・
リードしてくれない!話が弾まない!なにより、タイプじゃない!けれど優しさに惹かれ、気がつけば彼の事を考えていたり、気になる相手でした。

いろいろ問題はありましたが、なんとなく付き合っている状況でした。
しかし、頭では彼の事でいっぱいだったみたいで、今までは会社のことばかり愚痴っていた私が、今度は彼のことばかりをシェア会で愚痴っていたようです。
そのことを講師に話すと、講師からはフォーカス外したら会社の上司が気にならなくなったのね?と言われて始めて会社の問題がなくなっていることを知りました(笑)びっくりです!

こうして私は、少しずつではありますが、ミロスを知っていくことで
「自分を幸せにする!」「私は、すでにそうである!」という風に、未来を創っていったのでした。
そして、毎日のように、声に出して
「幸せになる!すでに幸せである!」と言い続けていきました。

そんな頃に、弟(次男)のことでこんなことに気づいたことがありました。
私は5人姉弟の2番目です。
上に姉、そして私、長男・次男・三男(次男と三男が双子)の弟がいます。
姉と長男に感じることは自由奔放、我儘、私と弟(次男)は我慢強いと私からはそう見えていました。

そしてその次男の話になります。次男には付き合っている人がいました。
その人は14歳年上でおまけにバツイチで子持ちでした。
弟はまだ結婚したことがなかったので、弟が付き合っている話しをすると、父から大反対を受けていました。
今までからも次男は父に否定されてばかりで、やりたいことをさせてもらえなかった。
そんな弟を見て「かわいそうに!」と思う。ということを、親戚の叔母と話した時に、
「あなたも弟さんと同じね」と言われた???・・・
でも考えてみたら「同じだ!」と思えたのです。

「私は、こんなにも自分の思いを我慢していたんだ・・・」

これまでもなんとなく知ってはいましたが・・・
「相手を通して自分を知る!」とはこう言うことなのだと理解出来たのです。

我慢して、やりたいことをさせて貰えず、いつもお金が無いからと諦めて来た姿は全く私と同じだ! と漸く気がついたのです。

看護師の仕事もやりたくてしたわけでもなく、専門学校に行ったから、働いてきました。

私は否定ばかりされて、すっかり父が嫌いになっていました。
そんな時に今度は伯母から、
「おなたのお父さんの気持ちになってみたらね、大変だったと思うよ。子ども達も5人いて、我慢させて何もしてあげられ無かったこともあったと思うよ。お父さんの気持ちにもなってあげてね、あなた達を本当に可愛がっていたし、愛していたよ~」と聞いたりしました。
そこで初めて父の気持ちにふれることが出来たのです。

「父から愛されていた!」やっと「愛を受けとれた!」そのタイミングで父からメールが来たのです。
「今、自分は反省してる、本当にすまなかった」と・・・。
そこからなんです、父がドンドン変わっていきました・・・。

自分の思いを封印していた、我慢していた自分。自己犠牲、何も叶わないと思っていたこと。
自分の思いは 何も成就しない!という思いで生きていたことなど次々と感じられました。
今まで「自分の気持ちが分からない、分からない」と言っていたけど分からなくて良かったんだ!
自分の気持ちを出したら悲しすぎて生きれなかったからだということも知ったのです。

もう我慢しなくて良い!我慢から解放されたのです・・・。
すると自分の思いと繋がり始めました。

1ヶ月半も会っていない彼に次の日会う約束をしました。
そして、彼とあった瞬間、
「彼の事が好きだ!」という思いが突然出てきました。今すぐ飛びついて抱きつきたい!
自分と繋がり心が開いて・・・ 彼のことが「好きだ!」と分かったのです。

これまでは条件ばかりが見えて、「理想やお金や、やさしさ、頼もしさ」など、外側ばかりをみていました。

しかし、久しぶりに会う彼を見て、彼の事が好きだった!これまでは我慢してきた分、解放された私が見る世界は、ときめきが半端なかった。
キラキラ輝いていて眩しくて、彼に飛びつきたいキャーーって・・・
「好きだったんだ!」その日は楽しくて楽しくて・・・ふらふらになりました。

実は、今までも、彼を見ると何かに感じるらしくて、なぜだか涙が出ることが三回あったのですが何故なんだろう? 感じているけどなんだか分からない状態がありました。
その日「涙の訳」が分かったのです。
彼がいるだけで良い!感じてしまうのです。 嬉しくて楽しくて・・・お金ではなかった。

1ヶ月半もぐずぐずしていた私たちでしたが、 そこで一気に結婚の話しになり
「そろそろしますか?」と口にしていました。
「そうだね♡」と彼は穏やかな口調で言ってくれたのです。
その日に入籍の日にちも決まり、結婚までの道のりが、とても自然でスム―ズに進んで行きました。

さらに、後日初めて彼を父や弟家族、甥っ子姪っ子達に合わせたのですが、本当にビックリするくらい喜んでもらえたのを覚えてます。
そこには、何の否定もなかったです。

そして、次の日の父からのメ―ルが・・・。今までだったら考えられないのですが、
「幸せに成りなさい。親の願いです・・・」と。

すっかり変わってしまった父の言葉に嬉しくてたまりませんでした。

さらにさらに、式は挙げる予定にしていませんでしたが、素敵な結婚式場もひょんなことから決まり、今喜びでいっぱいです。

何かをしようとすることではなく、全て起こってきました。ミロスは起こること。
そして、自分を知ることで必ず出合える。そのことを確信しています。
ここからがスタートです。
記憶にある真実の結婚のストーリーを歩んでいきます。

PS
2017年10月5日
私達は、入籍いたしました。