『結婚したくない理由』

(F・Yさん 30代 女性 東京都在住)

1月、ミロスアカデミーの講師とコミュニケーションをとったことがきっかけで、その講師のライフコースが、男勝りの私にぴったりのコースだと分かりました。「受けたい!!」と思ったのですが、2月は仕事が一番忙しい時期で、私が抜ける訳にはいかないため、泣く泣く断念しました。そのまま、そのことは忘れ、仕事に集中しました。

その断念した、ライフコースのテーマは「人間関係・女性限定編―男性に頼れないあなたへ〜強い生き方を選んだわけ〜」でした。

それから3月になり、私の体に一体何が起こったのだろう?と思うほどの、一度も体験したことのないような最大級の生理痛と貧血に襲われました。私は過去の辛い経験から、恋愛・結婚・出産など女性としての幸せは全て諦め、一人で生きていく!と固く、固〜く心に決めていました。パートナーが欲しい、と口では言っていましたが、ミロスを聞いても、ミラクルが起こっても、根底ではその気持ちは変わりませんでした。男と女の話、結婚の話には頑なに心を閉ざし続けていました。

「絶対に男性には頼らない!手に職つけて一人で生きる」

その生き方を手放そうという気持ちは微塵もなかったのです。でも、一人で意地を張って頑張る生き方に疲れ、どこかで虚しさを覚えはじめている自分も感じていました。探しても探しても、これだ!という仕事には巡りあえず、何をやってもうまくいかない、続かない。目の前の仕事を頑張って評価はされても、これを一生やっていく訳ではないことは分かっているのでどこかつまらない、虚しい。

かといって目の前に、「結婚して、専業主婦になって、旅行に行ったり、お嫁さんには好きなことをして遊んで暮らして欲しい」と好条件の結婚の話が何度も来ましたが、全く興味がわかなかったのです。

その生理痛の痛みは、過去の傷を終わらせ、女性としての幸せを諦め一人で生きていくという今までの生き方を本気で変える時が来ていることを、身体が痛切に訴えているように感じました。その他にもいろいろな状況が重なり、ライフコースの受講を決めました。おかげ様で受講を決めたら、生理痛はすっかり消えて無くなりました。

そして、自分の傷(心の闇)と本気で向き合うと決めたことで、どんどんミラクルが起こっていったのです。

5月に母がミロシィングとライフコースを受講していました。ミロシィングの個人レッスンで、過去をズバッと紐解いてくださった講師の凄さに感動して興奮している母からの電話。

「スクールに行きなさい!お母さんがプレゼントするから!!先生の力を借りることも必要だと思う。今回を逃したら二度とできないわよ!来週からライフコースで大阪校に行くんだから、すぐ電話してパーフェクトマリッジコースの講義を入れてもらいなさい!」と。

「えぇ!! パーフェクトマリッジコースに通えるの!?」

あまりにも突然の、思いがけない大きな大きなプレゼント。嬉しいより、頭がパニックになり、戸惑いと驚きの方が強すぎて素直に喜べませんでした。そして、素直に喜べない、感謝がわいてこない自分にも自己嫌悪でした。(これも私のパターンです。いつも突然やってくるプレゼント。大きすぎて引いてしまって、心の準備が全くできていないため受け取れないのです・・・)

他にもいろんな思いが出てきました。

「他の講座にも行きたい。その講座なら母と一緒に行けるのに・・・」
「母に、申し訳ない」
「本当に甘えていいのかな?受け取っていいのかな??」
(娘にもっと幸せになってほしいという母の愛も十分理解でき、伝わってくるのですが、半年前、スクールに行きたいのでお金を貸して欲しいとお願いした時は、ばっさり断られたので、余計思いました。)

「本当は凄いことなのに・・・。こんな、あり得ないミラクルが起こっているのに・・・。嬉しくない。喜べない」

しかも、あろうことか、怒りが出てきてしまったのです。

「本当はパーフェクトマリッジコースなんか行きたくない!結婚なんか興味もないし、したいとも思わない!!余計なことしやがって!!! 」

心の中で、「チッ」と舌打ちしている自分が現れたのです。これにはビックリでした。

「まさか、こんな・・・。ここまでとは・・・」

最低だなと思いました。私は自分のことを知りたいとも思っていなかったし、自分の傷を終わらせて、幸せになろうという気は全くなかったのです。傷にしがみつき、いつまでも悲劇のヒロインでい続けたかった。ビックリでした。そんな感謝のかけらもない自分を感じながらのパーフェクトマリッジコースのスタートでした。

スタートしてしまえば色々思っていたことも全て手放せ、完全に気持ちを切り替えて受講に集中しました。毎回「これが自分!?」と、感じられないほどに抑えこんでいた、無自覚な自分を見ました。嫌でも炙り出され、受け入れざるを得ませんでした。あまりにも多すぎて、一つ一つ細かく書いていたらキリがないし、まとまりも無くなるので省略しますが、とにかくたくさんの知らなかった自分を受け取りました。(顔が明るくなったり、身体が軽くなったり、毎週ミラクルが起こったりするので、受け取れているんだなと分かりましたが、正直、受け取っているという感覚もなかったです。)

特にカウンセリングと個人レッスンでは、真正面から傷と向き合いました。身体が切り刻まれるほど苦しく辛く、改めて言葉にするのも嫌だった過去の出来事を、とにかく裸になって、自分の全てを曝け出しました。講師に、システムに当てはめ、しっかり紐解いてもらったことで、たった1ヵ月で自分の人生全てが紐解かれ、心の闇が完全に終わりました。傷が無くなってしまったのです。完全に解放されました。まるで過去が消えたかのようです。

そして、私の生まれた時に持ってきたテーマが見えました。私の人生は全て、私が自分を知りたくて、そしてそのテーマを超えるために決めてきたプログラムだったと分かりました。私の内側の男性と女性の関係を知りました。全ての辛い体験は、私の内側のバランスを外側に映していただけだったのです。エネルギーとして、はっきり見ることができました。

見つかったエゴが消滅する瞬間も体験しちゃいました!シュワシュワシュワ〜っと喉元から胸にかけてとけていきました。「うわ〜っ!!凄い!!エゴが死んじゃった。こんなことってあるんだ!」と体感できた面白い体験でした。私の中に根深くはびこっていたエゴから解放されてしまった、この感覚はなんとも言えません。なんにもないけど、空っぽではない。満たされている。今まで味わったことのない感覚です。

私は、生まれた時から宗教をやってきました。精神世界などにも触れてきました。本当のことを知りたくて苦しんで生きてきた私だから確信を持って言えます。ミロスでなければ終わらせることはできない。システムがあれば、どんな傷でも終わってしまう。絶対に無理だと思っていた、闇も必ず終わるのです。そう言い切れる体験ができました。

そして、全てが私のプログラムだったと心の闇を手放すことができた、そんな絶妙なタイミングで、「凄いミラクルが起こった!」と母から電話がありました。

母が自分の銀行(貸金庫)にお金を取りに行った時のことです。

「お金が増えてる!!」

貸金庫と言えば、私も一度一緒に行ったことがありますが、借りている人以外は絶対に誰も触れない場所です。バラで150万円を入れていたはずが、帯がしてある状態の綺麗なお札の束が3つ入っていたそうです。あり得ません。時間が経てば経つほど、すごさに驚きます。鳥肌が立ちます。 母は何が起こっているのか訳が分からず、信じられず、家に帰ってから貸金庫に入っている物のリストがあることを思い出し、探しました。やっぱりそこには150万円と書いてあったのです。

私一人分の受講費を払っただけで、2倍になってお金が返ってきました。母は本当に娘の幸せを願ってお金を出してくれ、ちょっと時間はかかりましたが、スクールに通う間に、私も母の想いを受け取ることができました。 「こんな私・・・」などと自虐し続けて生きてきましたが、目の前にきたプレゼントは、素直に感謝して、遠慮せず、堂々と受け取っていいんだ!!と心から思えました。受け取るということが、こんなにも豊かさを生み出すのが分かったのです。

ミラクルが起こるタイミングが本当に絶妙過ぎます。親子でスクールに通うこと、私が心の闇を手放せたことで、私と縁で繋がっているご先祖も心から喜んでくれているのかな?と感じました。「ありがとう」って言われているような気がして、とても嬉しくなりました。見えないけど離れていない。繋がっていることを感じました。

そして、今までどこか蚊帳の外だった、父の愛を感じることができたのです。

私の父は病気で、介護でお手上げの状態になっていました。1年前、家族3人でワンデーを受講した時に講師から言われた言葉があります。「父は愛そのもので、病気になって命がけで教えてくれている。伝えてくれてるんだよ」と。その言葉をようやく理解することができました。父がいなければ、父の病気がなければ、家族でミロスをすることも、私がスクールに行くことも、このお金のミラクルが起こることもなかったのです。限りなく深い大きな大きな父の愛を初めて感じることができました。

今までの私は、全てに無反応で、無感動で感謝もまったく分からない、ずーっと低空飛行を続けてきた私です。こんなどうしようもない落ちこぼれでも 、私が私を諦めても、私には愛がずっと送り続けられていたことが分かりました。 もうミラクルしか起こらない!凄過ぎます!!

スクールのカリキュラムもまだ残っています。これからも一つ一つ真剣に受け取ります。