タグ別アーカイブ: 姑(舅)

『家族の再生、そして至福の旅』

(Nさん 40代女性 大阪府在住)

義母とも年に何回かお会いすることがあるけれど、中々コミュニケーション出来なかった。
でも今回、食事会で義母に “色眼鏡で相手をみて思い込んでいるかもですよ!”と話した時に最初は旦那さんから怒られましたが、そこから一気にほぐれていきました。
ミロスを知って“目の前は自分”なので感じて見て・・・本当は家族仲良くしたいのに、距離感が分からなかったけれど、漸くお互いが受け取り会えたことで家族が再生しました。 続きを読む

『私の最高の居場所はここだった!~人生の楽園~』

(Yさん 40代女性 岐阜県在住)

抵抗感を感じる舅こそ、自分自身を知る鍵がある!と言われて・・・
舅に感じる疎外感は全く自分がもっていたものと同じだと分かると、舅が娘に暴言をはいていた言葉こそ、一番知りたかったことだった。
ミロスを知って、コミュニケーションが下手だった彼女は妹が生まれてから、おばあちゃん子となり、その事で母も寂しかっただろうなあと母の気持ちが分かったり、ずっと自分の居場所を外へ求めていたけれど、何処にもみつからなかった。
“田舎だから嫌いだ”と言っていた実家を夫と共にとっておきの民泊として創造している所です。
居場所がない!と思って出ていった実家が、本当は最高の居場所でした。 続きを読む

『内なる葛藤の終焉~私の人生再スタート!~』

(K・Rさん 70代女性 京都在住)

何故、障害物競走のような人生だったのか??いつも疑問に思いながらも生きてきました。
だれも教えてくれる人はいません!ミロスを知って、ようやくその人生を自分が作った世界だった!と理解したときに驚きと衝撃が・・・
そしてそれこそが“愛”を知るため!自分自身を知るためだったのです。
家族のためにと頑張って生きてきた実父と舅が同じだったんだ!どちらも家族を支えた人達。
今までの思い込みで作った舅はもうどこにもいません!・・・この家族でよかった!
ようやく私は新しい人生のスタートをきりました。 続きを読む

『義母(はは)に愛おしさを感じた日』

(T・Nさん 50代女性 愛知県在住)

夫に認められようと「親孝行しなくては・・」という義務感で自己満足の親孝行していた彼女。
けれど夫に認められなくて愚痴が出てしまって逆に責められていました。
いつか頑張ったらきっと幸せになれるに違いない!
でもその思いは反転し無理をして病気にまでなってしまった。
ミロスを知って自分の思いと義母の思いが同じだったこと、親はどんな時も子供を愛し守るもの、ようやく心の底から義母に対して愛おしくてたまらなくなりました。 続きを読む

『姑の気持ちを体験して』

(F・Mさん 50代 女性 滋賀県在住) 

私は嫁姑問題で35年も苦しんでいました。

若い頃は良い嫁になろうと努力し、頑張れば頑張るほど苦しい思いを味わうこととなりました。
そのうち、姑の気持ちに関係なく、世間的に認められる嫁を目指して生きるように・・・。
そうすれば、自分が納得でき、生きやすくなるからです。 続きを読む

1 / 212