1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

  3. 竹澤 睦代 講師

竹澤 睦代
竹澤 睦代Mutsuyo Takezawa

兵庫県姫路市出身。ミッション系中高一貫の学校を卒業後、神戸親和女子大学へ。文学部を卒業し地元の信用金庫に入庫。平成5年、安定した仕事と収入がある夫に心から愛され、ずっと思い描いていた女としての幸せを全て手に入れるという理想的な結婚をする。専業主婦として夫や子供に惜しみない愛情を注ぎ、趣味や習い事も楽しむ日々。いつしか子ども達のより良い未来のためにと教育にも全力で取り組み、気がつくと典型的な教育ママになっていることすら気づかずにいた。 そんな時MIROSSに出合い、思い通りで幸せだと思っていた今の暮らしは『私の想い通り』では無く親の理想を演じていたという事、そして、なぜ子供は親の理想を演じさせられるのかという「仕組み」と親子の関係性に潜む「トリック」を理解する。自分の存在価値や幸せ、豊かささえも親と子が永遠に繰り返してきた様々なトリックで作られていたことに気づき、MIROSSのシステムでしか紐解けなかった「自身の答え」を導き出すことで本当に想い通りの人生を手に入れられると確信。2011年ミロスアカデミー講師となり、現在はなぜ『親子のパターンは遺伝するのか?』をテーマに新しい時代の生き方を自身の体験を通して全国各地のセミナーで発信中。横浜市在住。二児の母。

新時代の “親育て・子育て” 論

親の想いと子どもの気持ちがすれ違う理由

「幸せになって欲しい」子供の幸せを願わない親はいません。しかし、その想いが強すぎて、気がつけば自分の親と同じ言動で子どもを傷つけてしまっている…そんな経験、ありませんか。「あの親のような子育ては絶対にしない!」そう固く心に誓っていたはずだったのに…。

竹澤 睦代がお伝えしていること

あなたが優しく包容力のある親になろうとして理想の父親像・母親像を掲げるほど、子どものころの自分にそっくりな我が子を見て愕然とし、ついガミガミ怒っては後悔の繰り返し。目の前の状況を変えようと原因を探し、何とかしようとすればするほど状況はますます悪くなっていく。
私はミロスシステムに出合い、人間がずっとはまり込んでいた “関係性のトリック” を理解し、そこから抜け出することができました。
親が過去の自分の失敗や後悔をもとにして、「この子にだけは…」と夢や希望を子どもに託し、期待を押しつけ、思い通りにならないもどかしさを感じる…そんな古い子育ての時代は完全に終わりました。
「なぜ、親の想いと子どもの気持ちはすれ違うのか?」それを理解することで、”取りこぼしてきた愛” をしっかりと受け取ることのできる “新しい時代の親育て・子育て” をお伝えしています。

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: 認証: