1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

講師一覧へ戻る >  講師紹介ページ
品田 奈美
品田 奈美Nami Shinada

4児の子どもをもつ母。父親からの虐待、子どもへの虐待、長年にわたる摂食障がい(拒食症・過食症)、依存症、家庭内暴力(DV)、鬱、自殺未遂、子どものいじめや不登校など、壮絶な体験をする。夫のDVが子どもにまで及んだことで離婚するが、同じ相手と再婚し、再び離婚。行政機関によるカウンセリング、心理セラピーなど、ありとあらゆるものに救いを求めるが、根本的な解決に至らないなかで『ミロスシステム』に出会う。ミロスアカデミーに入学し、自分が体験してきた世界が “どのようにつくられてきたのか”、そこに隠されていたトリックを学び、“なぜうまくいかなかったのか” を理解した瞬間、人生が急速に好転しはじめる。同時に、2度離婚した夫が以前とは別人のように変化したことで、3度めの結婚に至る。 現在、自身の問題のみならず、子どもたちの問題からも完全に解放され、いじめを受けていた娘が同級生のあいだで “悩みを聞いてあげるカウンセラー” 的な存在となっている。最悪の人生から解放され、生きながらにして生まれ変わった人生を満喫するという実体験をもとにして語る講演には根強いファンが多く、全国各地にて精力的にセミナーや講演をおこなっている。

想いが伝わる教育

なぜ娘の学校でいじめが消えたのか

自分を愛せるからこそ、相手を想いやることができる─ 想いが伝わる教育とは、相手と自分という垣根(関係性)を超えた教育です。 それは、長年にわたって人間が目指してきた“真の想いやりにあふれる社会” のひな形になる可能性を秘めています。

品田 奈美がお伝えしていること

愛したいのに、愛せない ─ 被害者と加害者の両方を体験して

テレビや新聞では、いじめや虐待など、子どもたちの存在そのものを否定するような事象が社会問題として扱われています。 それに対し、いじめ対策基本法、虐待防止法など国を挙げた対策が進むと同時に、より身近なところでは “いじめホットライン” や “虐待ホットライン” など民間レベルの救済活動もさかんです。 しかし、それによっていじめや虐待が減少しているかといえば、逆に表面化しない形で陰湿化していると言わざるを得ません。

このような報道に触れるたび、誰もが心を痛めておられることと思います。「せめて自分の子どもはそんなひどい目に遭いませんように」 ─ 子どもを持つ親の立場からすればそう願うのは当然です。そして、学校の現場では対処しても繰り返される現状に疲れ果て、心を病んでしまう教育者も増えています。 私がいじめや虐待をテーマに講演活動に携わるようになったのは、娘がいじめの被害者として苦しい体験をしたこと、 そして私自身が父親による虐待の被害者であったのと同時に、のちに息子に対する虐待の加害者にもなり、 双方向の悲惨な思いを知ったことが理由です。

世間ではいじめや虐待を受けた子どもを憐れむ一方で、加害者の子供たちに厳しい目を向けます。 実際に被害者となった方々、ご家族の立場からすれば、このような行為は決して許されざることであり、適切な対応が必要であることはいうまでもありません。 しかし、本当の意味で悲劇を終わらせるために、私はあえて言わせていただきたいのです ─いじめている子供も、いじめられている子供も、どちらも被害者だと。 自分を愛したくても愛せない悲劇のなかで苦しんでいるのだと。では、虐待についてはどうでしょうか。

「なぜ、わが子を愛すことができないんだ!」そんなふうに虐待をする母親を非難する方もいらっしゃるかも知れません。 しかし、私はこう思うのです ─親が子供に暴力をふるうことは、ものすごく悲しいこと。 でも、子どもを殺してしまう母親の気持ちがわからないこともないと。 そして、そのお母さんは、苦しみながらも精いっぱい頑張ったんだろうな…そんな気持ちがあふれてくるのです。 わが子を愛したくても愛せない ─どちらも被害者であるという悲しさを感じずにはいられません。

すべての人間は矛盾をもって生まれてくる

続きを読む
「皆さんは “自分” というものがどのようにしてできているか、知っていますか?」─小・中学生に向けた講演会ではこんな質問の投げかけから始めます。 そして、いろんな答えをいただいてから最後に私が答えを言います。「皆さんは誰しも、お父さんとお母さんからできているんですよ。」 大人からすれば当然のことかも知れません。しかし、子どもたちはこの答えを聞くと、「えーっ!本当だ!」と驚いてくれます。 この世の秘密を手に入れたかのように驚く子どもたちを見るたび、私は彼らの素直さに感動します。 その素直さこそが、 これからお伝えする“自分自身との関係性” を紐解くために欠かせないことだからです。

父と母から生まれ、男と女という2極を同時にもつ私たちが、ひとりの男性または女性として生きているという矛盾。 そこに本当の意味で自分を愛すことができない人間の本質が隠されています。 自分を愛せない─自己否定について子どもたちに伝えるとき、 “長所と短所” という2極を例にします。

私たちはこれまで、長所を伸ばして短所を減らすように教えられてきました。 しかし、それは「半分の自分を嫌って生きなさい」ということにほかなりません。 大人にそう言われた子どもは素直に自分の悪いところを直そう、良くなろうとします。 その結果、私たちは誰しも、自分をまるごと愛すという体験を知らないまま大きくなってきたのです。

講演会では、片方の面に “長所”、もう片方の面に “短所” と書いた1枚の紙を子どもたちに見せ、裏と表を交互にひっくり返しながらこう伝えます。 「短所を消そうとすると長所も消えてしまう。長所を伸ばそうとすると短所も大きくなるよね。 あるときは短所に見え、あるときは長所に見える。 でも、同じ1枚の紙であることに違いないでしょう?」すると、彼らは目を丸くしてこう言います。 「今まで悩んでいたことは何だったんだろう!」 重要なのは、長所と短所の両方があってもいいということではありません。 長所にしても短所にしても、もともとそんなものはなかったということなのです。 長所も短所もない。良くも悪くもない。つまり、生まれてきたそのままの自分 ─“あるがまま” としての自分自身の存在があるだけです。

子どもたちの凄いところは、このまったく新しい視点をその場で体験してしまうところです。 この完全な存在として生まれてきた “あるがまま”を受け取ったとき、 子どもたちは初めて自らの可能性を受け入れ、生まれながらにして持っている真の創造性を思い出します。 こうして“自分自身との関係性” の落とし穴から解放された子どもたちは、部分ではなく全体性で自分を愛せるようになるということです。 私がお伝えしているミロスシステムでは「目の前の相手が無意識の自分を映し出す」というシステムをもとにして、 他者との関係性を通して “自分自身との関係性”を理解します。

“あるがまま” を体験するといじめが終わる

いじめをこの関係性で紐解くということは、いじめる・いじめられるという2極の関係性を新しい視点を通して客観視し、 自分が自分をどのように見ているのか、どのように扱っているのかを知るということです。 いじめっ子は、目の前の相手に映る“嫌いな自分”の姿を見て、それを自分とは知らずに攻撃しています。 反対に、いじめられっ子は“自分を嫌っている”という点は同じなのですが、その嫌いな自分を攻撃している自分の姿を、目の前のいじめっ子として見ているわけです。

もうお分かりかと思いますが、いじめっ子もいじめられっ子も持っているものは同じ自己否定なのです。 この同じ自己否定をもった者同士が引き合っているという“いじめのメカニズム”を理解していくことによって、 子どもたちは加害者(いじめっ子)も被害者(いじめられっ子)もない、あるがままの自分自身に戻り、自尊心にあふれるオンリーワンの輝きをもって生きはじめます。

自分を愛せるからこそ、相手を想いやることができる─想いが伝わる教育とは、相手と自分という垣根(関係性)を超えた教育です。 それは、長年にわたって人間が目指してきた“真の想いやりにあふれる社会”のひな形になる可能性を秘めていると私は考えています。 そして、このような教育が本当の意味での世界平和に繫がっていくことを信じ、日々、講演活動に携わらせていただいています。

品田 奈美のセミナー

教育の分野に広がる新次元思考テクノロジー~問題を終焉させる「答え」との出会い~

私のセミナーは “教育” をテーマにしています。
子育てにおけるお母さんの悩みから、子どもを取り巻く社会問題(いじめ、不登校、発達障害、心の病、ドラッグ等)、そして、親御さんご自身の問題(虐待、DV、鬱、依存症、統合失調症など)にいたるまで ─ ミロスシステムを用いた新しい教育をベースにして、さまざまな問題を乗り越えていかれたケースをご紹介しています。初めて参加される方は、目からウロコが飛び出すことでしょう。この新感覚をぜひ体感しにきてください。

最新の開催スケジュール

品田 奈美のLifeコース

我が子を愛したいのに愛せないママたちへ ~イライラ子育てからの解放~

私の担当するLifeコースでは、子育てや親子間で起こるさまざまな悩みや問題を、同じ悩みを抱えてこられた10人の方と一緒に乗り越えていきます。子育て中のイライラは、お母さんにとってもお子さんにとっても辛い感情のひとつ。
イライラがエスカレートして、わが子を傷つけてしまった後の親御さんの罪悪感はどうしようもなく苦しいものです。わが子を傷つけてしまったというお母さんご自身の傷は簡単には消えてくれません。だからこそ、お孫さんがいらっしゃるお母さんたちもたくさん参加されています。
本来、子育てとは、親子の愛を体験できる最大の歓びです。この “歓びの子育て” をすべての方に体感していただきたい ─ そんな想いで担当させていただいています。

ポイント
私のLifeコースのポイントはここです!

我が子を愛したくても愛せない。愛しているのにうまくいかない ─ その “答え” が必ず見つかります。一緒に乗り越えていきましょう♪♪

最新の開催スケジュール

品田 奈美のワンデイコース

『親と子の関係性に隠されたトリック ~ミロスシステムとは~』

私の担当するワンデイコースでは、“親と子の関係性に隠されたトリック” を完全に見破っていくことで、さまざまな問題を一気に終らせていきます。一日かけて “新しい思考プログラム” をじっくりと学び、今までの人生をリセットしたあなたは、大きな解放感を得ることができます。
初めて見る “人間の設計図” を通して、今まで見たことのない自分と出会ったとき、涙が溢れ出ることでしょう。それは “あるがまま” という本来の自分自身なのです。
参加された皆さんが自分自身と出会われる瞬間は、講師として何度みても感動で胸がいっぱいになります。この感動をあなたにお伝えできることが嬉しくてたまりません。
ミロスシステムでは、“人間の設計図” を使って、あなたの無限の可能性や創造性を開花させていきます。ミロスシステムの凄さをぜひ体感しにきてくださいね。

ポイント
私のワンデイコースのポイントはここです!

どうしても人生がうまくいかないという方、大きな問題を抱えておられる方でも大丈夫!!私自身もたくさんの問題を乗り越えることができたからです。いっしょに乗り越えていきましょう♪♪

最新の開催スケジュール

品田奈美の実績

  • 2009年9月ミロスシステムに出会い人生に変化が始まる。
  • 2010年2月 ミロスアカデミー MWMコースを修了。
  • 2010年6月ミロスアカデミー講師養成講座を修了。
  • 2010年10月ミロスアカデミー講師認定試験に合格、ライセンスを取得。
  • 2011年〜“システムを知れば人生は必ず変えられる”ことを自らの体験を通して伝えるため、同タイトルで 全国各地で精力的に講演活動を開始する。
    【その他の代表的なセミナー・講演会のタイトル】
    「いじめのない社会へ ~今、私たちにできること~」
    「我が子を愛する時 ~いじめからのメッセージ~」
    「いじめを終らせる方法 ~子どもからのメッセージ~」
    「虐待の正体 ~全ての親子に贈る愛のメッセージ~」
    「子育て・教育最前線 ~仮面夫婦が与える我が子への影響~」
    「新しい教育スタイル ~親子で“愛”を学ぶ~」
    「DV・依存症・虐待が愛に変わった奇跡のストーリー」
    「想いが伝わる教育 ~なぜ娘の学校でいじめが消えたのか」など
  • 2011年12月ミロスシステムを通して問題を終わらせた親たちにより立ち上げられた、社会に新しい子育てを提唱するための一般社団法人『クリスタルハーモニー』の設立に貢献する。
  • 2012年5月三重県四日市市にて体験シェア会で講演。
    「笑いの子育てしませんか ~悩みのない子育て~」(※中日新聞に掲載される)
  • 2012年10月浜松市助産師会にて虐待防止を目的とした研修会にて講演。
    「子育て奮闘中のお母さんにエールを送ろう」
  • 2012年12月愛知県東海市立横須賀中学校人権集会にて講演(全校生徒1000人)。
    「自分って何だろう ~関係性の落とし穴を知る~」
    (※中日新聞・TVニュースにて報道される。)
  • 2013年7月福岡県みやこ町立犀川中学校にて講演。
    「自分って何だろう ~関係性の落とし穴を知る~」
  • 2013年9月福岡県京都郡PTA母親教室にて講演。
    なっちゃんはカウンセラー ~奇跡の子育て~」
    兵庫県姫路市立置塩小学校にて講演。
    「親子で学ぶ親子の絆 ~誰もが陥る子育ての落とし穴を知る~」
  • 2014年6月広島平和記念館国際会議場にて平和講演。
    「心の終戦記念日~輪廻を乗り越えた奇跡の波乱万丈ストーリー」
  • 2014年7月沖縄県浦添市立宮城小学校にて講演。
    「親子で学ぶコミニケーション講座 ~自分を知る楽しさ~」
  • 2015年1月沖縄県浦添市立仲西中学校にて講演(全校生徒教職員1200人)。

※その他の実績として、愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会 ・福岡市教育委員会・長崎市教育委員会・一宮市教育委員会他の後援による講演会の実施。

※セミナー・講演をおこなった地域:北海道・仙台・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・ 静岡・山梨・愛知・三重・大阪・兵庫・ 滋賀・京都・鳥取・岡山・広島・愛媛・香川・山口・島根・ 福岡・長崎・大分・佐賀・熊本・鹿児島・沖縄・宮古島・石垣島他。

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: 認証: